中年おやぢの備忘録

30歳から自転車に乗り始め、ミニベロからロードバイクへ、現在はロードバイクとMTBにてあちこち徘徊してる40代のおじさんです。

MTBin仙台(気仙沼)

こんばんは。

今日は私の教祖、kinofit教の木下智裕氏の主催する気仙沼の山の中をみんなでワイワイ走ろうぜ!おっさん共しかいないけどな!ライドに参加してまいりました。

前日の朝から輪行で仙台まで向かい、そこからレンタカーを借りて気仙沼まで向かう。

仙台で全く見ず知らずの人三人と落ち合い、四人で向かう事に。

東京からお越しの木下さん、埼玉からお越しの中川君、大阪からお越しの杉山と僕の四人でタウンエースに荷物を詰め込み、僕の運転で気仙沼まで。

僕の図々しいスキルを発揮し、すぐ様三人と打ち解けあい、部屋も四人プラス一人の五人部屋で和気藹々と楽しく過ごせました。

そんな中で、奥西さんという仙台の変態。いや、この人はマジで変態だろう。色んな人を見てきたけど、この人はマジもん。そんな人と仲良くなり、お話を聞く機会があったので、色々と話してみた。

ttバイクで北海道一周してみたり、連休を利用して本州を一筆書きで走ってみたり、日々走る距離が350kmだったり、カンパのクランク(BORA)の端数全てをコンプリートしてみたり、雪の中走ってdi2がどれほど頑張ってくれるのか、ワイヤーだとどうなるのかを研究してみたりとまだまだたくさん聞く事が出来ましたが、かなり長くなるのでこの辺で…w

木下氏の顔なのか、とても濃いメンツを毎回揃えてくる。

これが楽しみで参加してるようなもんだ。

 

宿は気仙沼の海っぺりにあって、地魚料理を出してくれた。

f:id:viva-yuuking:20181124215659j:image
f:id:viva-yuuking:20181124215616j:image
f:id:viva-yuuking:20181124215626j:image
f:id:viva-yuuking:20181124215650j:image
f:id:viva-yuuking:20181124215717j:image

とても新鮮で、美味い!

やはり魚は新鮮な魚に限る。

晩飯もそこそこに、みなでワインを飲み倒すも、僕はほとんど飲まないので見てるだけw

f:id:viva-yuuking:20181124221259j:image

f:id:viva-yuuking:20181124221251j:image

宴会もそこそこに、取り敢えず今日寝る。

 

翌朝、5時に起床し、6時から座禅を組み行くw

座禅とかやった事もないし、かなりワクワク

f:id:viva-yuuking:20181124221528j:image
f:id:viva-yuuking:20181124221523j:image
f:id:viva-yuuking:20181124221517j:image

清涼院というお寺で、とても綺麗で雰囲気もかなり良かった!

座禅の組み方を教えてもらい、30分己の邪念と戦う

しかし足の組み方がかなりキツくて、30分我慢出来るかどうか…

足の痛みが気になって、邪念雑念どころじゃなかったっすw

いったいいつ終わるんだ…

この足の痛みも俺の雑念が邪魔してるだけなんだ…

心を清らかにもてば、足の痛みも消えるはず…

と30分経過w

ただただ足が痺れただけでしたw

f:id:viva-yuuking:20181124222117j:image
f:id:viva-yuuking:20181124222112j:image
f:id:viva-yuuking:20181124222123j:image

他の参加者の方は、足を崩していたらしく、よくあれが我慢できたね!と…

卑怯な奴らめ!

座禅が終わり、お寺の掃除をして、お坊さんと写真撮影

f:id:viva-yuuking:20181124222035j:image
f:id:viva-yuuking:20181124222039j:image
f:id:viva-yuuking:20181124222031j:image

f:id:viva-yuuking:20181124222159j:image
f:id:viva-yuuking:20181124222155j:image
f:id:viva-yuuking:20181124222147j:image

もみじやイチョウが大変綺麗でした。

 

その後は宿に戻り、朝食を食べて着替えてスタート!

f:id:viva-yuuking:20181124222337j:image
f:id:viva-yuuking:20181124222331j:image
f:id:viva-yuuking:20181124222326j:image

ちょっとしたドラテクを教わり、山の中へ。

f:id:viva-yuuking:20181124223210j:image
f:id:viva-yuuking:20181124223220j:image
f:id:viva-yuuking:20181124223216j:image

山中は驚くほど寒く、斜度も厳しく道も険しい。

まぁそれがMTBの醍醐味ですしお寿司。


f:id:viva-yuuking:20181125181840j:image

f:id:viva-yuuking:20181125181836j:image
f:id:viva-yuuking:20181125181934j:image

f:id:viva-yuuking:20181125181829j:image
f:id:viva-yuuking:20181125181823j:image

折り返し地点の山頂では、Garminのテントが張られ、ミシュランの星付きシェフの料理が待つ!

f:id:viva-yuuking:20181125182122j:image
f:id:viva-yuuking:20181125182151j:image
f:id:viva-yuuking:20181125182148j:image
f:id:viva-yuuking:20181125182137j:image
f:id:viva-yuuking:20181125182132j:image
f:id:viva-yuuking:20181125182158j:image
f:id:viva-yuuking:20181125182202j:image
f:id:viva-yuuking:20181125182127j:image
f:id:viva-yuuking:20181125182141j:image

これがびっくりする程美味しくて、まさか山のてっぺんでこんな美味しい料理が食べれるとは思ってもおらず…w

40分程休憩し、テントから出ると現実世界へ。

恐ろしく寒くて、筋肉が強張り、ハムがビキッと攣ってしまったのだw

しばらく激痛に悶え、筋肉を伸ばしてほぐす。

全然治らないので、緊急時の為に持ってた芍薬甘草湯を飲み、どうにか歩けるようになりました。

しかし、まだまだ先は長いし、明日は大磯クリテリウムがあるので、あまりダメージを与えたくはなかったので、帰りはのんびりと上る事にしました。

しかしダウンヒルが楽しすぎて、踏みまくってはコーナーを攻め、ドリフトしたりジャンプしたり!

MTBはこうでなくっちゃ!

と遊びまくる。

f:id:viva-yuuking:20181125182700j:image
f:id:viva-yuuking:20181125182708j:image
f:id:viva-yuuking:20181125182712j:image

そんなことをやってたら、帰る頃にはヘロヘロに…w

ですがこれも良い思い出作りだと割り切り、遊び倒す事が出来ました!

f:id:viva-yuuking:20181125182856j:image
f:id:viva-yuuking:20181125182852j:image
f:id:viva-yuuking:20181125182843j:image

宿に着いてから、すぐ様風呂に入り、3時のおやつ。

3時のおやつも先程のミシュランの星付きシェフの料理が登場!

f:id:viva-yuuking:20181125183027j:image

あまりパッとしませんが、これもまた絶品!

星付きシェフの凄さをしっかりと味わう事が出来ました。

気仙沼に行く事があれば、是非お店にも足を運びたいところですが、肝心なお店の名前を失念w

まぁ後で聞けばわかるか。

その後、ライド中に撮った写真コンテストがあり、一番出来の良い写真を撮った人にはジャージをプレゼント、2位にはパーカー、3位はTシャツという催しがあり、審査をするのは仙台に在住の国際的にも有名なアーティスト、尾形さんという方。

世界のあちこちで個展を開いたりしてるようです。

その方に写真を送り、審査してもらった結果、僕の写真が1位に輝いた!

あまり1位という経験がないので、とても嬉しかったw

f:id:viva-yuuking:20181125183547j:image

急いで帰宅の準備をして、自転車を畳み、猛ダッシュで駅へ向かう。

レンタカーの返却が20時までだったので、猛ダッシュも猛ダッシュ

ギリギリ返却時間に間に合い、新幹線の切符もゲット。

新幹線に乗り込み、東京駅で乗り換え、戸塚まで。

自宅へ到着したのが23時過ぎ。

そこからあれこれ準備を済まし、明日の大磯クリテリウムに備える!

が、おっさんには色々ハード過ぎて、明日の大磯が不安でしかないw

MTBとは言え、走行距離50kmで、獲得標高1700m強を走ってただで済むとは思えないが…

 

そんなこんなでご就寝でおます。

 

明日の大磯クリテリウムはどうなるかなーw